カテゴリー:羽生先生のNHK杯の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:羽生先生のNHK杯
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第114局 羽生善治 五段 VS 加藤一二三 九段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第114局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第114局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年01月09日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦4回戦
対局者
☗羽生 善治 五段☖加藤一二三 九段
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
伝説のヤマトダマシイ!Wingless Seraph / ユーフルカ
荒野の決闘
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の伝説に残る痛快な1手

序盤は互いに角を交換し、戦型は☗棒銀VS☖早繰り銀模様になりました。

中盤、羽生先生が先攻し、加藤先生も負けじと反撃し、右辺で激しい応酬が繰り広げられます。

52手目☖1五香が指された局面、羽生先生の飛車が捕まってしまい、一見不利に見えますが、羽生先生は絶妙な切り返しを用意していました。☗2四歩!以下☖1五香☗2三歩成☖1七香成☗同歩☖1八飛☗3ニと☖同玉と進みました。

ここで羽生先生は伝説に残る痛快な1手を指します。☗5ニ銀!☖同銀も☖同飛も☗1四角以下後手玉が詰んでしまいます。2七の香車がよく利いています。仕方なく加藤先生は☖4二玉としますが☗6一銀不成がまた詰めろで形作りをしたあと加藤先生は投了しました。

羽生先生の柔軟で斬新なな指し回しが光った1局といえるでしょう、

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第113局 羽生善治 五段 VS 大山康晴 十五世名人

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第113局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第113局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年11月16日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦3回戦
対局者
☗羽生善治 五段☖大山康晴 十五世名人
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
バトル・オブ・マオもぜ楽4 / mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生のきめ細やかな指し回し

序盤は互いに駒組みを重視し穏やかな展開になりました。戦型は☗急戦棒銀VS☖中飛車になりました。

中盤、羽生先生が☗3五歩と仕掛けますが、大山先生は玉頭からの逆襲を図るべく☖7ニ飛とします。その後、右辺での戦いはすぐに落ち着きを見せ、大山先生の目論見通り主戦場は左辺を中心に行われました。

左辺での戦いが落ち着きを見せると、羽生先生は☗4四歩☖同銀で大山先生の角道を一旦遮断したあとに☗7六銀☖5三銀☗7七桂と自陣を組み替えます。その後、大山先生は☖4ニ飛と回りますが、☗4四歩☖同飛とさせてから☗4七歩と打ちました。大山先生は次に☖4ニ飛としたので、単に☗4七歩と打つのと比べて1手得をしています。中盤はこのように羽生先生がきめ細やかな指し回しを見せました。

終盤、大山先生は再び飛車を7筋に展開し玉頭からの逆襲を図ります。しかし、羽生先生のきめ細やかな指し回しにより辛うじて受け止められ、一方大山先生の守備陣はかなりピンチな状態だったので大山先生はやむなく投了を選択しました。

この将棋は羽生先生のきめ細やかな指し回しが大山先生を圧倒した1局といっても過言ではないと思う内容だったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局 福崎文吾 七段 VS 羽生善治 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年10月03日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦2回戦
対局者
☗福崎文吾 七段☖羽生善治 五段
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
切羽おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. ギリギリの勝利を収めた羽生先生

戦型は相矢倉になりました。がっぷり4つの相矢倉になりました。

中盤、羽生先生が☖4五歩としたところから勝負が始まりました。以下☗3七銀☖4六歩☗同角☖同角☗同銀☖4七角と進み羽生先生が攻勢に出ます。

55手目☗4八銀で羽生先生は馬を捕獲されますが、それでも☖6八馬以下馬を切り捨てたあと8筋から攻撃を仕掛け攻撃の手を緩めません。

しかし、福崎先生も隙を見て馬をつくり、馬の利きを活かして羽生先生の飛車を封じ込めることで羽生先生の攻撃力を低下させることに成功します。その効果で羽生先生の攻めが緩み、福崎先生が反撃に出ます。

終盤では互いに相手の玉を追い詰める展開になり、1手違いのギリギリで羽生先生が勝利を収めました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第105局と同じく、片方の寄せが単純でわかりやすい状況の中で複雑でわかりにくい方がかつという展開はなかなか興味深いものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局 羽生善治 五段 VS 山口英夫 七段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年05月02日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦1回戦
対局者
☗羽生善治 五段☖山口英夫 七段
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
風焔おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 猛攻を仕掛け、速度の差で勝利した羽生先生

戦型は☗天守閣美濃VS☖中飛車になりました。途中、羽生先生が袖飛車にしたのを見て山口先生も三間飛車に振り直します。

中盤、右辺での駒交換を経て羽生先生は山口先生の守備陣に猛攻を仕掛けます。山口先生も負けじと隙を見て羽生先生の守備陣に攻撃態勢を築きます。

終盤、互いの玉付近で攻め合いが起こり、互いに肉薄しますが、羽生先生攻めが山口先生の攻めよりわずかに早く、羽生先生の77手目☗6ニ銀成を見て山口先生が投了しました。

終盤の玉付近での攻め合いはかなり興味深い内容だったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。