カテゴリー:米長邦雄の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:米長邦雄
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第165局 米長邦雄 九段 VS 羽生善治 棋王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第165局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第165局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年08月13日
棋戦名
第40期王座戦挑戦者決定トーナメント決勝
対局者
☗米長邦雄 九段 ☖羽生善治 棋王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
阿・吽

龍的交響楽
藤村ほわん

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 角筋を活かした強烈な攻めで勝利をもぎ取る羽生先生

序盤、矢倉模様の将棋になり、米長先生はじっくりとした将棋を目指しますが、羽生先生は矢倉中飛車からの急戦を目指します。それに応じるかのように米長先生も方針を転換し中央に厚くなるよう構え直します。

中盤、これ以上囲っても意味がないと判断した(☗7七角~☗8八玉は玉が相手の角の筋に入るため危険)米長先生は☗3五歩から仕掛けました。羽生先生は冷静に対応したあと、角筋を活かして米長先生の陣形を攻め立てます。米長先生の陣形はみるみるうちにバラバラになっていきました。

終盤、米長先生も手筋を駆使して攻撃するチャンスを得ますが、羽生先生は冷静に対処してそのまま勝利を収めました。

角筋を活かした攻めは結構強力なので、角より飛車が好きな方でも実践してみる価値は大いにあるのでやってみると良いでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第107局 米長邦雄 棋王 VS 大山康晴 王将

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第107局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1982年07月23日
棋戦名
第21期十段戦挑戦者決定リーグ
対局者
☗米長邦雄 棋王 ☖大山康晴 王将
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
裏桜華 煉獄庭園 / 煉獄小僧
RaO SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく大山先生の受けの名局を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 飛角の田楽刺しを上手く切り替えした大山先生

戦型は☗急戦袖飛車VS☖四間飛車になりました。

中盤は将棋盤の(先手から見た)右辺を中心に戦いが勃発し、激しい戦いが繰り広げられます。

61手目☗1一角成が指された局面。次の☗5三香が痛そうに見えますが、大山先生は構わず☖5七歩成。米長先生も負けじと☗5三香。以降☖5八と☗同金☖5七歩☗5九金と進みます。ここで大山先生に手番が周り、懸案事項である飛角の田楽刺しに対しどうするのかが問われます。

大山先生は☖1ニ飛を選びました。☗同馬なら☖3三角で角を捌こうという手です。本譜は☗5一香成☖1一飛☗6一成香☖同飛と進み、その後大山先生が反撃し大山先生が勝利を収めました。

大山先生の華麗なる切り返しが光った1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第079局 米長邦雄 八段 VS 大山康晴 十五世名人

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第079局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1978年08月18日
棋戦名
第5回名将戦 本戦2回戦
対局者
☗米長邦雄 八段 ☖大山康晴 十五世名人
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Amenoshita PeriTune
RaO SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく大山先生の受けの名局を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 大山先生の強烈な受け

戦型は☗居飛車穴熊VS☖四間飛車になりました。

中盤、米長先生は角で大山先生の玉をにらみながらその睨みを活かして大山先生の守備陣を攻め立てます。

終盤の71手目☗7三歩成が指された局面、大山先生の玉はかなりピンチですがここから大山先生が巻き返します。まず、大山先生は☖8ニ金としてと金を排除しようとします。米長先生は☗7八飛と援軍を送りますが、大山先生は☖7六桂として遮断し、ついでに守備の銀にもプレッシャーをかけます。米長先生は☗6三金と更に援軍を足しますが、☖7四金として7三のと金、6三の金を排除しようとします。米長先生は☗7六飛と桂馬を排除し☖同銀に☗8三とと当たりが強いと金を捌き、☖同金に☗8六桂と7四の金にプレッシャーをかけました。普通ならそのまま潰されかねませんが、大山先生は強烈な受けを用意していました。☖7三飛!以降、米長先生は攻撃を続けますが、それに呼応するかのように大山先生の陣形が堅陣化し、戦いが徐々に緩衝地帯(4段目から6段目のこと)へと移っていき、米長先生の守備陣に大山先生が手をつけ始めたところで米長先生が投了し大山先生が勝利を収めました。

大山先生の苛烈を極める凄まじい受けが光った1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus