カテゴリー:谷川浩司の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:谷川浩司
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第148局 谷川浩司 二冠 VS 羽生善治 竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第148局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第148局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年11月26日
棋戦名
第3期竜王戦七番勝負第5局
対局者
☗谷川浩司 二冠☖羽生善治 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
ババ~ン!とバトルだバンバトル!!
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 谷川先生の冷静な指し回しと光速の寄せ

序盤、羽生先生が四間飛車に振り美濃囲いに組み、谷川先生は天守閣美濃からの持久戦を目指します。

中盤、羽生先生が天守閣美濃の理想形は許すまじと30手目☖6五歩にと突き越したため、谷川先生は33手目に☗6六歩と反発しそこから戦いが始まります。谷川先生の角が43手目☗4六角とが羽生先生の玉を睨む形になると羽生先生は角を追い立て、なんとか自玉を角筋からずらすことに成功します。その後羽生先生は3筋に飛車を振り直し3筋からの攻めを狙います。

68手目☖3三桂の局面。単に☗2四飛と走ると☖2五飛とされ飛車交換が避けられなくなります。それを嫌った谷川先生は一旦☗3六歩☖同飛と飛車を釣り上げてから☗2四飛と走りました。以下、☖6八歩☗同金引☖4五桂と羽生先生は大技をかけますが、☗2二飛成☖4一歩☗4五歩と谷川先生に冷静に対処されます。羽生先生は☖6六飛☗6七金☖同飛成☗同銀で羽生先生に若干駒得をしたもののそれ以上の成果を得ることができませんでした。

終盤、羽生先生が必死に食いつこうとしたものの上手く行かず、最後には谷川先生の光速の寄せが炸裂しそのまま決着がつきました。

谷川先生の冷静な指し回しと光速のよせは実に興味深く参考にしたいと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第146局 谷川浩司 二冠 VS 羽生善治 竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第146局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第146局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年11月08日
棋戦名
第3期竜王戦七番勝負第3局
対局者
☗谷川浩司 二冠☖羽生善治 竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
ハクギンMusMus / watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 谷川先生のギリギリの凌ぎと寄せの鋭さ

序盤、戦型は角換わり相腰掛銀になりました。谷川先生は右四間飛車で攻める構えを見せました。

中盤、谷川先生が仕掛け、羽生先生に馬を許すも角を犠牲に4筋を突破し竜を作ります。

終盤、羽生先生が猛反撃に出ますが、谷川先生は適切に対処しギリギリのところで凌ぐことに成功し、羽生先生の玉を一気に寄せきって勝利を収めました。

谷川先生のギリギリの凌ぎと寄せの鋭さは実に興味深く素晴らしいものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第144局 谷川浩司 二冠 VS 羽生善治 竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第144局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第144局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年10月19日
棋戦名
第3期竜王戦七番勝負第1局
対局者
☗谷川浩司 二冠☖羽生善治 竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Dear DragonMusMus / watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 最終盤で炸裂する谷川先生の「光速の寄せ」

序盤、相矢倉模様の展開になりますが、谷川先生が中央を盛り上げるのに対し羽生先生がそれに対応したため変則的な展開になりました。

中盤、盤面中央を中心に戦いが起こりますが、羽生先生は9筋から仕掛け、角を犠牲に竜を作ることに成功します。

終盤、羽生先生が挟撃態勢を築き有利に進めますが、そろそろ羽生先生が勝つかといった局面で谷川先生必殺の「光速の寄せ」が炸裂し、谷川先生が逆転勝利を収めました。

谷川先生の逆転を勝ち取る「光速の寄せ」は実に興味深く素晴らしいものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第115局 谷川浩司 名人 VS 羽生善治 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第115局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第115局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年02月06日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦準決勝
対局者
☗谷川浩司 名人☖羽生善治 五段
戦型
横歩取り
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
SAMURAI BLADEWingless Seraph / ユーフルカ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の痛快な指し回し

序盤は激しい戦いが予想される相横歩取りになりましたが、羽生先生が飛車交換を避けたため穏やかな展開になりました。

中盤、33手目☗3七銀が指された局面、羽生先生は☖3六歩と機敏に動き、以下☗同飛☖2七角☗2六飛☖5四角成と進み中央に馬をつくります。谷川先生も端を絡めた苦心の手順で中央に馬を作ります。その後は中央を中心に激しい駒のぶつかり合いが繰り広げられます。

終盤、107手目☗3三歩成が指された局面、思わず自陣に手を戻したくなりますが、羽生先生は見切って☖7六馬と飛車を取りました。谷川先生は☗4ニと☖同金☗3四桂と迫りますが羽生先生は☖7五馬☗6六歩☖5九飛と攻撃の手を休めません。

谷川先生は先手を取るべく☗4八玉としますが、羽生先生は自陣に構わず☖7九飛成とします。谷川先生は☗4ニ桂成☖同馬☗5三銀と迫りますが、☖6一玉でわずかに届かず、☗4ニ銀不成と詰めろをかけますが、羽生先生は☖5九角と谷川先生の玉を詰ましに来たので谷川先生は投了しました。

羽生先生の痛快な指し回しが目を引く1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus