カテゴリー:大山康晴の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:大山康晴
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第107局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第107局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第107局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年01月12日
棋戦名
産経臨時棋戦三番勝負第2局 千日手指し直し局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
手裏剣ソードおとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「打開に踏み切れず、再度の千日手に」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 盛り返すも千日手を選択する升田先生

序盤は穏やかな展開になり、戦型は☗中飛車VS☖急戦模様になりました。

中盤、升田先生は☖7五歩から動きますが、大山先生は升田先生の攻めを勢いづけさせないよう慎重に対応します。

升田先生は☖5四歩と5筋も絡め戦線拡大を図りますが、大山先生に強烈な反撃を与える結果になり、その反撃をさせる前に攻めきる必要が出てきました。そこから升田先生は激しく攻勢に出ます。升田先生の激しい攻勢に対しても大山先生は慎重に対応し、用意された反撃を強かに実現しようとします。

升田先生はと金と竜を作り、一見調子良さそうに攻めているように見えますが、升田先生の玉形が薄く、ちょっとした反撃でも潰れかねない状況なので形勢そこまで良くありません。

大山先生が☖6八との飛車取りに対し飛車を逃げたので飛車を抑えることに成功したので、升田先生は形勢を盛り返しつつありました。しかし、玉形に残る憂いと千日手で先手を手にできる点を加味してあえて千日手を選択しました。升田先生は当時を『この当時の大山君と頂点を争う将棋を指すには、深い読みの裏付けと、それを可能にする体力がなければ、容易に倒せる相手ではなかった』と振り返っているのでもしかしたら体力面での憂いもあったのかもしれません。

千日手も戦略の1つとして選択するお互いの闘志をひしひしと感じる1局でした。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第105局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第105局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第105局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1961年12月25日
棋戦名
産経臨時棋戦三番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
三間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
風焔おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「自然な対応で大山完勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 自然な対応で完全勝利を収める大山先生

序盤、升田先生は早々と角道を止め振り飛車模様に構えました。戦型は☗急戦VS☖三間飛車になりました。

中盤、大山先生は29手目☗3五歩から仕掛け、升田先生は手待ちの1手を指しますが、ここで升田先生は☖1四歩を選択します。この選択がこの将棋の明暗を分けました。ここで☖1ニ香なら本譜での手順でも十分に戦えましたが、☖1四歩と指したため升田先生の指し手に制限が課せられました。

一方、大山先生にも1歩間違えば逆転を許す展開がいくつかありましたが、大山先生は慎重かつ自然な対応をしていくことで優位を拡大しそのまま勝利を収めました。

升田先生の工夫(?)が空振りになったのは正直残念ですが、2人の将棋をもとに定跡が出来上がっていくことを考えると感慨深いものを覚えます。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第104局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第104局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第104局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1959年06月11日
棋戦名
第18期名人戦七番勝負第5局
対局者
☗大山康晴 二冠☖升田幸三 名人
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
覇道MusMus / watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山名人奪取、三冠に」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 大熱戦を際どく制す大山先生

序盤、相矢倉模様の展開見せ、双方とも金矢倉に構え玉が入場したため正真正銘相矢倉の将棋になりました。升田先生は千日手含みの指し回しを見せます。

中盤、相矢倉らしい攻防が繰り広げられます。角交換後大山先生は早々と馬を作り、升田先生の飛車を封じ込めにかかります。升田先生は飛車を封じ込められたものの角とと金の挾撃態勢を築きます。

終盤、激しい攻防が繰り広げられ、双方とも玉がピンチになる大熱戦となります。結果は大山先生が際どく残して勝利を収めました。

2人の対局では珍しい相矢倉の中でも大熱戦の1つに数えられる将棋だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第102局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第102局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第102局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1959年05月12日
棋戦名
第18期名人戦七番勝負第3局
対局者
☗大山康晴 二冠☖升田幸三 名人
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Ikusa JAPANSHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「理想的な攻め」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 終盤の機敏な攻めで逆転勝ちを収める大山先生

序盤、相矢倉模様の展開を見せますが、大山先生が早々と仕掛けたため変則的な展開になりました。

中盤、何度か戦いが起こるものの、その戦いは落ち着きを見せ、膠着状態に陥ったと錯覚しそうな状況に陥ります。その影響か升田先生の指し回しものんびりした感じになります。

終盤、升田先生の攻めが厳しく、升田先生が勝ちそうに見えましたが、大山先生も一見分かりづらくも理想的な攻めの陣形を築いていて、急転直下、大山先生が機敏な攻めを見せ、その効果で逆転勝ちを果たしました。

大山先生の機敏に膠着状態を打開した攻めに目を見張った1局です。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus