カテゴリー:大山康晴の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:大山康晴
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第130局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第130局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第130局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年10月28日
棋戦名
第13期王将戦挑戦者決定リーグ
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Gunshot Straight
MusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、相手のさばきを許さず快勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の捌きを許さず一気に攻め倒した大山先生

序盤、升田先生が三間飛車に振り、戦型は☗居飛車急戦VS☖三間飛車美濃となりました。

中盤、大山先生が仕掛け、浮いている3四の銀を攻め立てます。升田先生は銀を逃したり、角道を開けたりして銀を助けつつ混戦に持ち込もうとするも大山先生に阻まれ形勢はだんだん大山先生に傾いていきます。

特に、35手目☗5五銀は素晴らしい一手でこの一手で升田先生の狙い筋を全て封じてしまいました。他の手だと升田先生の攻めが勢いに乗ってしまいます。

終盤、升田先生も大山先生の守備陣に必死に食いつこうとするも、大山先生が冷静に対応しため、差が縮まらず決着が着きました。

升田先生が狙った捌きを封じながら優位を拡大していく大山先生の指し回しは実に興味深いものだったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第129局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第129局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第129局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年10月23日
棋戦名
第2期十段戦七番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 十段☖升田幸三 九段
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、249手の死闘を制す」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 超手数の大熱戦を制する大山先生

序盤、矢倉模様の展開になりますが、升田先生がツノ銀の形を取り三間飛車にしたため変則的な展開になりました。途中互いの飛車の位置を探り合い一時的に千日手模様になるものの、大山先生が打開して戦いが始まりました。

中盤、升田先生が仕掛け、3・4筋を圧迫するものの、大山先生は飛角交換に成功し竜を作ります。以降大山先生が有利に進めるものの、升田先生もおいそれとは倒れず長期戦模様になります。

終盤、大山先生はと金と竜で升田先生の守備陣をかき乱し、優位を拡大します。升田先生も大山先生の守備陣に必死に食いつこうとするも、大山先生の攻めのほうが早くそのまま決着が着きました。

互いが全力を出し尽くしたともいいべき長期戦は見ていて実に興味深いものだと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第128局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第128局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第128局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年06月06日
棋戦名
第22期名人戦七番勝負第5局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
覇道
MusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、4勝1敗で名人位防衛」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 変則的な将棋を辛うじて制する大山先生

序盤、矢倉模様の展開になりますが、大山先生が意欲的に7筋の位を取ったり、中飛車を目指したので変則的な将棋になりました。

中盤、升田先生が攻勢に出ますが大山先生も升田先生の攻めをしっかりと受け止め、ほぼ互角の形勢が続きます。

終盤、升田先生の攻勢が続き升田先生に若干形勢が傾いたもののが油断できない状況が続きます。しかし、升田先生が終盤でミスを犯したため大山先生が逆転勝利を収めました。

かなり変則的な将棋でしたが、これはこれで面白かったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第126局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第126局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第126局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年05月08日
棋戦名
第22期名人戦七番勝負第3局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
軌跡おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、堅陣生かし3連勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 遠大な構想を見事に実らせ勝利を収める大山先生

序盤、大山先生は矢倉の将棋を望みますが、升田先生が飛車を振ってそれを拒否します。戦型は☗居飛車急戦VS☖向かい飛車になりました。

中盤、升田先生が2筋から仕掛けます。激しい応酬の末、互いに互いの1~3筋を制圧しあいます。

終盤、互いの玉付近で激しい攻防が繰り広げられますが、大山先生は辛うじて升田先生の攻めを躱しつつ升田先生の玉を追い詰めることに成功し勝利を収めました。

陽動振り飛車の将棋は変則的な展開になりがちですが、それをどうまとめるのかが重要だということを学んだような気がします。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus