カテゴリー:升田幸三の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:升田幸三
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年12月17日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第5局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
剣交わる時BRIGHTNESS++ / YUKO
RaOSHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、受けの本領発揮」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 粘りに粘って逆転勝利を果たす大山先生

序盤、相矢倉模様の展開を見せますが、升田先生が3筋の歩を切って☗3七桂と桂馬を跳ねたのに対し、大山先生は☖3五歩から3筋の位を確保したため変則的な展開になりました。

中盤、升田先生が豪腕の攻めを見せ、徐々に大山先生の玉を追い詰めていきます。大山先生の玉はピンチになりました。

終盤、升田先生は大山先生の玉を追い詰めにかかりますが、大山先生はギリギリ凌ぐことに成功し、そこから反撃を開始して勝利を収めました。

劣勢になっても諦めずに粘って勝つ。大山先生の全盛期の始まりを見た1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第095局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第095局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第095局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年11月28日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第3局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
軌跡おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「堅実な手で大山快勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 堅実に指し回し升田先生の攻めを封じる大山先生

戦型は矢倉模様になりますが、途中でお互いが攻撃態勢を築いたため急戦模様になりました。

中盤、大山先生が堅実に指し回し、升田先生の攻め筋を1つ1つ潰していき升田先生は守勢に回らざるを得なくなります。

その後、升田先生は大山先生の飛角を抑え込むことに成功するものの、大山先生はその間に1筋でポイントを稼ぎ、なおかつ升田先生の角がかなりの負担になっているため大山先生が有利に進めます。

終盤、升田先生は玉砕覚悟の攻めを敢行しますが、届かず、大山先生の的確な反撃に遭い升田先生は投了を選択しました。

大山先生の升田先生に何もさせない堅実な指し回しが功を奏した1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第092局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第092局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第092局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年11月11日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 王将
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
AmenoshitaPeriTune
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田の堂々たる指し回し」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 堂々たる指し回しを見せる升田先生

戦型は☗急戦VS☖四間飛車となりました。大山先生は後に向かい飛車に振り直します。

序盤、升田先生は互いの玉側の歩を詰め、大山先生は互いの玉とは反対側の歩を詰めます。升田先生が玉側の歩を詰めたのは後に大きく影響を及ぼします。

中盤、升田先生が機敏に動き馬を作ります。対して大山先生は2筋を逆襲することで対価を求めますが、升田先生の臨機応変の指し回しによって凌がれます。大山先生は☖5三角と角をぶつけて馬を消そうとしますが、☗9六馬と躱され、升田先生が詰めた9筋の端歩が活きる展開に成りました。升田先生の馬は最後まで急所を睨む展開になります。

終盤、大山先生は☖7一飛と玉頭からの逆襲を敢行しようとしますが、☗8六桂と受けられ、空回りします。それでも大山先生は玉頭から食いつく攻めを敢行しますが、今度は升田先生に見切られ届かずに終わります。最後は升田先生が反撃を行い、そのまま勝利を収めました。

升田先生の堂々たる指し回しが光った1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第090局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第090局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年06月26日
棋戦名
第17期名人戦七番勝負第6局
対局者
☗升田幸三 名人☖大山康晴 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
裏桜華煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「逆転で大山連勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 耐え忍んで逆転する大山先生

序盤、矢倉模様になりますが、大山先生が陽動振り飛車も視野に入れた指し回しをする等、変則的な展開になります。

中盤、升田先生が攻め大山先生が守る展開になりますが、大山先生は耐え忍び、升田先生が途中で悪手を指す等で升田先生の攻めが途切れ大山先生が有利に成りました。

その後、大山先生が攻め、升田先生が受ける展開になり、升田先生は必至の防戦を試みますが、大山先生が升田先生の守備陣を突破し、決着が付きました。

矢倉模様になるけれど、がっぷり4つの矢倉にはなかなかなりません。そこに互いが創意工夫を重ねながら指しているところが読み取れ、それが2人の将棋を面白くしている。私は最近そう考えるようになりました。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus