カテゴリー:升田幸三の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:升田幸三
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1964年10月30日
棋戦名
第3期十段戦七番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 十段
戦型
横歩取り
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「珍しい相横歩取り、大山が制す」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. かなり珍しい穏やかな相横歩取りの将棋

序盤、先手の升田先生が早々と☗9六歩としたため、升田先生は実質後手に回ります。戦型は横歩取り模様の展開から相横歩取りになりました。

中盤、相横歩取りの将棋は飛車交換から激しい展開になる場合もありますが、本局では比較的穏やかな展開に成りました。升田先生はやや攻撃的な構えを取り、大山先生は守備的な構えを取ります。

升田先生が8筋・9筋からの突破を試みますが☗8四飛で飛車の横利きが消えました。大山先生はその瞬間を見逃さずにに☖2六歩以下踏み込んで、金銀と飛車との2枚替えを成功させ、同時に升田先生の守備陣の2筋・3筋を突破することに成功します。

終盤、升田先生も1手差まで詰め寄りますが、大山先生が升田先生の玉を正確に仕留め決着がしました。

相横歩取りの将棋は珍しいですが、飛車交換をしない相横歩取りはもっと珍しいと思うので、なかなか興味深い将棋が見れたと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第139局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第139局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第139局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1964年01月23日
棋戦名
第3期棋聖戦五番勝負第3局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 棋聖
戦型
向かい飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
火龍狂演
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、際どい終盤を制する」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 激しい応酬を際どく制する升田先生

序盤、升田先生が向かい飛車を選択したため、大山先生は☗8六歩の仕掛けに気を配りながら駒組みを進め、急戦を目指します。

中盤、大山先生が34手目☖7六歩と角頭を狙って仕掛け、大山先生の攻めに対し升田先生は軽快な指し回しで対応します。その後、升田先生は2枚のと金で大山先生の飛車を抑え込むことに成功します。

終盤、升田先生は2枚のと金でじりじり寄っていくのに対し、大山先生は飛車を見捨て升田先生の玉に猛追を仕掛けます。しかし、大山先生の猛追はわずかに届かず升田先生が勝利を収めました。

と金をじりじりと寄っていって勝てると踏んだ升田先生の大局観や大山先生の必死の猛追等見どころある将棋だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第137局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第137局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第137局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1964年01月07日
棋戦名
第2期十段戦七番勝負第7局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 十段
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
覇道
MusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、フルセットで防衛」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 相手の出方を伺ってから駒組みを決める大山先生

序盤、大山先生は最初は振飛車を目指すかのような駒組みをしますが、升田先生の☗6八玉を見て☖8四歩と突き態度を表明します。その後戦型は相矢倉になりました。

中盤、升田先生が39手目☗3五歩から仕掛け、☖同歩☗同角に対し大山先生は☖4五歩~4四銀と反発します。その後、升田先生は飛車を6筋に展開し、大山先生は升田先生の玉頭から攻めかかります。升田先生は大山先生の玉頭攻めに対応しながら密かに上部脱出を図ります。

終盤、升田先生は上部脱出を狙っていましたが大山先生に阻止され、そのまま寄せ切られ大山先生が勝利を収めました。

相手の動きを見てから態度を決める大山先生の指し回しはぜひとも見習いたいと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年12月27日
棋戦名
第2期十段戦七番勝負第6局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 十段
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
臨界
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、会心の勝利で最終局へ」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 手筋で桂馬を成りこんでそのまま制圧して勝利を収める大山先生

序盤、角換わり相腰掛銀模様の展開になりますが、升田先生は堅陣に入場したのに対し、大山先生は角打ちを警戒したやや薄い構えを取ります。

中盤、升田先生が45手目☗4五歩から仕掛け、☖同歩☗同桂に対し大山先生は☖2二銀と桂の捕獲を狙います。対する升田先生は☗4四歩☖同金☗6五歩☖同銀☗5三桂成と桂馬を成り込みます。以降は升田先生が攻め、大山先生が受けという展開が続きます。

終盤、大山先生も反撃を試みますが、升田先生はがっちりと受け止めそれ以上の攻撃を許さない指し回しをします。その後、奇麗な決め手を放って升田先生が勝利を収めました。

升田先生の手筋や奇麗な決め手に注目し、できる限り自分の物にしたいと思った一局です。

使用音楽については、適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus