カテゴリー:升田幸三の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:升田幸三
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第118局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第118局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第118局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年11月20日
棋戦名
第1期十段戦七番勝負第3局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 名人
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
火龍狂演煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「入玉形を押し戻して寄せ切る」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 入玉しそうな升田先生の玉を押し返して寄せ切る大山先生

序盤、角換わりの将棋になり、升田先生は腰掛銀模様に、大山先生は☖4四銀から3三、3四に銀が縦に並ぶ形を目指します。その後、升田先生も7七、7六と銀を縦に並べます。

中盤、升田先生は大山先生の玉頭近辺で戦いを起こしますが、大山先生の玉頭の守りは固く断念します。その後、何を考えたのか升田先生は玉を敵陣めがけて突撃させます。

終盤、升田先生の玉はあわよくば入玉というところまで進みますが、大山先生の飛車の働きが意外によく押し返されそのまま寄せ切られてしまいます。

勝てないと思ったら入玉からの持将棋に持ち込むのも1つの戦術とは思いますが、せめてやるなら相手の飛車を完全に封じ込めてからにしたかったですね。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第117局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第117局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第117局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年11月15日
棋戦名
第1期棋聖戦 棋聖位決定リーグ
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 名人
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
維新おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「優位を拡大する升田の丁寧な指し回し」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 優位を拡大し丁寧に差し回す升田先生

序盤、角換わりの将棋になり、双方とも腰掛銀模様に駒組みを進めますが、大山先生の駒組みが出遅れ気味になります。

中盤、升田先生は大山先生の出遅れ気味の駒組みを咎め機敏に仕掛けます。その後、優位を拡大しつつ、大山先生の攻めが勢いづかないよう丁寧な指し回しを見せます。

終盤、升田先生は玉を早逃げする等自玉の安全をしっかりと確保した上で大山先生の玉を寄せに行き、危なげなく勝利を収めました。

優位を拡大しつつ、大山先生の攻めを勢いづかせないよう丁寧な指し回しを見せた升田先生は実に興味深いものだと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第115局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第115局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第115局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年10月26日
棋戦名
第1期十段戦七番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 名人
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「盤面を広く使って寄せ切る」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 強手を連発して勝利を収める大山先生

序盤、角換わりの将棋になり、升田先生は棒銀を目指します。大山先生は☖5四角という対抗措置を取り、升田先生は☗3八角と対抗します。

中盤、升田先生が銀交換後飛車を深く引いたため、飛角交換の変化に突入します。その後、互いに手を出しづらい局面になりますが、大山先生は好位置に桂馬を放つ等で徐々に打開していきます。

その後、大山先生は76手目☖6七銀と玉を釣り上げて無理やり飛車のうち場所を作ったり、87手目☗2二香に対し☖同飛と応じて二枚替えに持ち込んだりする等強手を連発します。

終盤、大山先生は攻防の角を放つ等優位を拡大しますが、升田先生も負けじと反撃する等対抗します。最終的には大山先生の1手勝ちに終わりました。

強手を連発して勝利を収める大山先生の勝ち方は実に興味深いものだったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第111局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第111局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第111局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年07月04日
棋戦名
第1期十段戦 十段位決定リーグ
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 名人
戦型
向かい飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
MichikusaPeriTune
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「時代を先取る升田の序盤感覚」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 現代にも通用する振り飛車を指す升田先生

序盤、升田先生は角道を通したままの向かい飛車に構えます。大山先生は升田先生の☗8六歩からの仕掛け(飛車を素抜く筋がある)を警戒しながら駒組みを進めます。

駒組みが終わってさあ中盤といいたいところですが、双方の玉の堅さが互角で仕掛けるに仕掛けづらい展開になりやむなく千日手になりました。

升田先生が選んだ向かい飛車は私が将棋を始めた頃に覚えた定跡の1つなので、思わず懐かしさを感じました。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus