カテゴリー:福崎文吾の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:福崎文吾
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第120局 福崎文吾 七段 VS 羽生善治 四段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第120局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第120局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1986年03月24日
棋戦名
第36回NHK杯将棋トーナメント本戦1回戦
対局者
☗福崎文吾 七段☖羽生善治 四段
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
幕末舞曲 ~ 花ノ乱甘茶の音楽工房
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯の初優勝までの過程を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の機敏な指し回し

序盤はやや落ち着いた展開で、戦型はがっぷり4つの相矢倉になりました。福崎先生は攻撃の陣形、羽生先生は守りの陣形(?)を築きます。

中盤、福崎先生の攻撃の陣形が整い、次から攻めるぞといった局面で羽生先生が猛攻を開始します。瞬く間に福崎先生の守備陣が乱れ羽生先生が優勢になります。

終盤、福崎先生は手順に龍を作ることに成功しますが、その時には圧倒的な差がついていたので福崎先生はやむなく投了を選択しました。

羽生先生の機敏な指し回しが目を引く1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局 福崎文吾 七段 VS 羽生善治 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年10月03日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦2回戦
対局者
☗福崎文吾 七段☖羽生善治 五段
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
切羽おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. ギリギリの勝利を収めた羽生先生

戦型は相矢倉になりました。がっぷり4つの相矢倉になりました。

中盤、羽生先生が☖4五歩としたところから勝負が始まりました。以下☗3七銀☖4六歩☗同角☖同角☗同銀☖4七角と進み羽生先生が攻勢に出ます。

55手目☗4八銀で羽生先生は馬を捕獲されますが、それでも☖6八馬以下馬を切り捨てたあと8筋から攻撃を仕掛け攻撃の手を緩めません。

しかし、福崎先生も隙を見て馬をつくり、馬の利きを活かして羽生先生の飛車を封じ込めることで羽生先生の攻撃力を低下させることに成功します。その効果で羽生先生の攻めが緩み、福崎先生が反撃に出ます。

終盤では互いに相手の玉を追い詰める展開になり、1手違いのギリギリで羽生先生が勝利を収めました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第105局と同じく、片方の寄せが単純でわかりやすい状況の中で複雑でわかりにくい方がかつという展開はなかなか興味深いものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第105局 福崎文吾 七段 VS 大山康晴 十五世名人

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第105局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1983年11月21日
棋戦名
第33回NHK杯選手権本戦3回戦第3局
対局者
☗福崎文吾 七段☖大山康晴 十五世名人
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
煌めきの河煉獄庭園 / 煉獄小僧
RaOSHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく大山先生の受けの名局を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

今回の対局は大山先生VS福崎先生の対局で大山先生が唯一勝利した将棋です。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 大山先生の穴熊破り
  2. 双方ギリギリの手に汗握る終盤戦

大山先生の振り飛車(中飛車)に対し、福崎先生は居飛車穴熊を採用しました。当時の福崎先生の穴熊は簡単には破られないという定評がありました。

大山先生は福崎先生に1勝しかしていないので(晩年ということもあるのでしょうが)、相当手を焼いたということなのでしょう。

中盤戦は左辺で小競り合いを繰り広げたあと、福崎先生は飛車を7筋に転換し、7筋を攻め立てます。千日手になりそうな応酬が繰り広げられますが(厳密には1周するたびに大山先生の歩が減っていくので千日手にはなりません)、福崎先生が打開し、猛攻を仕掛けます。

最終盤、福崎先生は単純明快とばかりに端歩を突いて大山先生の玉に迫ります。対する大山先生はと金を作ってと金で福崎先生の玉に迫ります。攻撃速度の勝負になりますが、大山先生の攻めが意外にも1手早く大山先生が勝利を収めました。

手に汗握る終盤が繰り広げられた大変興味深い1戦だと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第019局 福崎文吾 八段 VS 谷川浩司 王座

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第019局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1991年10月14日
棋戦名
第39期王座戦 五番勝負第5局
対局者
☗福崎文吾 八段☖谷川浩司 王座
戦型
1局目中飛車
2局目矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
「11th Finger」MusMus / Watson
「空は高く遠く」Sora+ / siroimu
「鋼の飛礫」Sora+ / 遊句
「終焉を告げるもの」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

1局目2局目

形勢グラフ

1局目2局目
形勢グラフ
形勢グラフ

雑記・感想

「将棋 好プレー珍プレー集」(マイナビ出版)で面白そうな将棋を探していたところ、この将棋が目につきました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 千日手を挟んでの福崎先生の指し回し。

まずは千日手局から。98手目☖2三銀のあたりまでは谷川先生の角が先手玉を睨んでいたり、谷川先生のほうが駒得をしていたりと谷川先生の方が指しやすそうな感じです。しかし、次の福崎先生の1手☗3四銀で千日手模様になり、そのまま124手を持って千日手となります。

続いて千日手指し直し局から。中盤あたりまでは谷川先生が有利に進めますが、90手目☖1三香のあたりから徐々に差が縮まっていきます。そして、95手目☗3五角が指された局面。福崎先生の強烈な1手が放たれます。☖9六桂!以下、紆余曲折を経ながらも結果的には福崎先生が勝利を収めました。96手目☖9六桂以降の変化は難解そのものだったようですが、勝利の女神は福崎先生に微笑んだようです。

対局後の福崎先生曰く、「穴熊で千日手になったから、次は矢倉で行こうと……。僕は居飛車党ですけど、穴熊しか勝っていないみたいだから……」。福崎先生はかなり嬉しかったようですね。。

使用したBGMはピンときたものがあったのでそこから4曲選出しました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus