カテゴリー:鈴木大介の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:鈴木大介
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第038局 鈴木大介 六段 VS藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第038局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年11月25日
棋戦名
第12期竜王戦 七番勝負第5局
対局者
☗鈴木大介 六段☖藤井 猛 竜王
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
覇道MusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 激しい攻防戦

戦型は☗中飛車VS☖居玉急戦になりました。

序盤、6手目☖8五歩が指された局面。飛車先を受けるため、☗7八金としたくなりますが、すぐに☖8六歩とすると角交換からの飛銀両取りの変化があるため☗5八飛~☗5五歩と保留しました。☗5五歩を見て藤井竜王は☖8六歩と突きますが、☗5四歩☖同歩☗2二角成以下飛銀両取りが掛かり以降激しい将棋になります。

鈴木六段は中央突破を目指しますが、藤井先生は中央に金銀を寄せて凌ぎます。一方、藤井先生は左翼を突破し、先手玉を横から攻める態勢を着々と構築していきます。

その後、鈴木六段は攻撃手段に乏しくなり、藤井竜王のも攻撃態勢を着々と整えていっていたため、やむなく投了を選択しました。

飛銀両取りに変化は避けたくなりますが、場合によっては有効ということを学んだ1局で、激しい展開でハラハラした1局でもありました。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第036局 鈴木大介 六段 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第036局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年11月04日
棋戦名
第12期竜王戦 七番勝負第3局
対局者
☗鈴木大介 六段☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
ハクギンMusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 一歩よりも速度が重要
  2. 終盤の華麗なる寄せ

戦型は☗四間飛車VS☖急戦になりました。この対局で私が注目したのは2局面です。

1つ目は29手目☖8八歩の局面、通常なら歩損になるので☖同歩成とするところですが、あえて無視して☖2四角☗6六角☗5四飛と指します。☗8七歩が指された局面をみると鈴木六段の飛車がいかにも窮屈な上、藤井竜王は飛角が中央に刺さっており、その後も角銀の交換をしつつ5筋に竜を作ります。

2つ目は117手目☖同銀の局面、拠点の駒がいなくなっても大丈夫か?と思いましたが、☖7四角~☖3七歩~☖1四角と進めたらあっという間に先手玉が狭くなってしまいました。

本局の藤井先生の見事な指し回しがは非常に興味深いものだったと思います。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第034局 鈴木大介 六段 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第034局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年10月14日
棋戦名
第12期竜王戦 七番勝負第1局
対局者
☗鈴木大介 六段☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
11th FingerMusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 藤井竜王の居飛車戦術

挑戦者の鈴木六段も藤井竜王も振り飛車党だったので相振り飛車になると思いきや、このシリーズが全局居飛車VS振り飛車の対抗型になりました。

開幕前に鈴木六段が全局振り飛車宣言をしたことから藤井竜王は居飛車でいくことにしたのだとか。

本局は藤井竜王が鈴木八段の攻めをがっちりと受け止めつつ、隙きをみて反撃する指し回しを見せ、攻防ともに見込みがなくなった鈴木八段が投了という将棋でした。

私はこの頃から将棋を始め、この頃から囲碁将棋ジャーナルを見始めたので印象に残っている対局の1つです。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第023局 鈴木大介 五段 VS 藤井猛 六段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第023局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1998年07月06日
棋戦名
第11期竜王戦 本戦トーナメント1回戦
対局者
☗鈴木大介 五段☖藤井猛 六段
戦型
三間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Festival2Samurai Classics Expanded Edition
Bitter Sweet Entertainment
Sign of War
Fortress
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

今年、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 盤面全体での激しい中盤戦
  2. 玉頭での激しい終盤戦

戦型は☗三間飛車VS☖居飛車穴熊になりました。31手目☗5四歩から一歩交換したものの、その後はしばらく駒組みが続きました。

65手目☗2五歩から本格的な攻防が開始されました。以降ほぼ盤面全体での激しい攻防が続きました。

170手目2五歩からは玉頭で激しい攻防を繰り広げたあと、長手数の詰み手順を読み切った藤井六段が勝利を収めました。

穴熊の弱点の一つともいえる2筋からの逆襲はかなり興味深いものだったと思いました。

BGMは和風のものを適当にチョイスしました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus