カテゴリー:大山康晴の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:大山康晴
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第068局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第068局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年06月04日
棋戦名
第16期名人戦 七番勝負第3局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 二冠
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
「幕末舞曲 ~ 花ノ乱」甘茶の音楽工房
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「升田の大局観が光る一局」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の駒損覚悟の猛攻

序盤は大山先生が升田先生の駒を牽制しつつ押さえ込みを図りますが、中盤で升田先生が駒損覚悟の捨て身の猛攻を仕掛け優位に立ちます。

83手目☗2五歩に対し、銀を逃げずに☖3六歩と取り込みます。その後、☗2四歩☖同角と進み、升田先生の角が大山先生の玉を睨む好位置に配置されます。

その後、大山先生も頑張りますが升田先生が好手を連発したり、飛角銀桂を活用した流れるような攻めの前にダウンしてしまいました。

駒損しても攻めやすい形を作りさえすれば戦えなくもない。そういう大局観は見習いたいものです。

使用音楽については、適当に和風のBGMを選択しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第066局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第066局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年05月07日
棋戦名
第16期名人戦 七番勝負第1局
対局者
▲大山康晴 名人△升田幸三 二冠
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
「MONONOFU」龍的交響楽
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「升田、三冠王への挑戦」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 田楽刺し状態で狙われた駒を捌く79手目▲4五桂

65手目△3六銀まではお互いに駒組みを進め、66手目△9五歩で開戦となります。70手目△3五歩▲同角で角を釣り上げた後、角と香の交換となり、78手目△3四香で角・銀・桂の田楽刺しが決まります。

角が逃げれば銀が取られ、桂も取られそうになります。銀が逃げるのは角がただ取りされます。そこで大山先生が指した手は▲4五桂!△4五同歩は▲7一角成と馬を作って先手が指せそうです。仕方なく△3五香と角を取りますが、84手目△3四歩の時点では銀香と桂(桂←▲9七桂はいつでも取れる状態)の交換で先手が駒得することになりました。

その後は互いに馬を作る展開になりますが、89手目▲6八金引が小ミスで、△4七馬と馬を要所に引かれ(▲7四角成とできなくなる)、馬の働きに差ができ、その差が勝敗を分ける結果になりました。小さなミスが勝敗を分けるのですから勝負の世界は厳しいものだとしみじみ感じました。

使用音楽については、適当に和風のBGMを選択しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第065局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第065局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年03月01日
棋戦名
第6期王将戦 七番勝負第7局
対局者
▲大山康晴 名人△升田幸三 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
「氷天に咲く」龍的交響楽
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「タイトル決定後の最終局は大山」です。当時の王将戦はタイトル確定後も第七局まで続ける規定で、なおかつ、3勝差ががついたら3勝差つけたほうが香落ちと後手番っを交互に指すというユニークなものがありました。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 急所を突く大山先生の攻め

42手目△3七角成で開戦します。その後、後手が苦心の攻めを敢行しますが途切れ、先手の激しい反撃に遭いそのまま勝敗が決してしまいます。

どうやら、後手は△3七角成に対し、▲同桂と取らせる形が悪いという判断で角交換をしたようですが、本譜では先手がその桂馬を活かし自然に攻めそのまま押し切りました。形勢判断には色々な要素がありますが、その判断基準は人それぞれのようで、その差こそが将棋を面白くしているいのではないかと思いました。みんな違ってみんないいという感じに。

使用音楽については、適当に和風のBGMを選択しました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第010局 大山康晴 王将 VS 加藤一二三 十段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第010局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1982年06月16日
棋戦名
第23期王位戦 紅組リーグ戦
対局者
▲大山康晴 王将△加藤一二三 十段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Rise Up 「紅」煉獄庭園
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

2009年頃にこの将棋の動画が投稿され、2012年頃にその動画が削除されました。面白い将棋だったので記憶に残っていて、記憶を頼りに棋譜を探したところ見つけたので投稿しました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. じわじわと迫る先手の攻め
  2. 一進一退する後手の攻め

私が注目した局面は72手目以降、102手目以降、136手目以降の3局面です。

72手目△6九角と銀取りに打った手に対し、▲9六角(△4七角成なら▲7八角)と切り返します。以降△8七銀▲同角△同竜▲同竜△同角成と進み後手の攻めが後退します。

102手目△5八銀と拠点を作った手に対し、▲7六角(△4七金なら▲同金△同銀成▲4九角)と切り返します。以降△6七銀打▲同角△同銀成と進み後手の攻めが少し後退します。

136手目△8九飛と二枚飛車で迫ろうとした手に対し、▲4九桂と犠打を放ち△同金と取らせることで後手の攻めを後退させます。

迫られても迫られても突き放しつつじわじわと攻撃態勢を構築する。実に大山先生らしさが出た将棋だと思います。

BGMは曲名に和風のBGMの中から適当に選びました。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status