将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第069局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年06月18日
棋戦名
第16期名人戦 七番勝負第4局
対局者
☗升田幸三 二冠☖大山康晴 名人
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
「風焔」おとわび
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「升田、『三冠王』へ王手」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の積極的な攻め
  2. 消極的ながらもなかなか決めてを与えない大山先生

31手目☗2六角と角成を目指した局面。☖4四歩と角道を遮断する手もありますが、これは後に☗4五歩と仕掛ける手があります。大山先生は争点を作らせるのを嫌って☖8一飛と指します。その後は駒組みと小規模な攻防のやり取りが続きます。

52手目☖4二角が指された局面。升田先生は角道を活かし☗7二歩とと金づくりを狙います。対する大山先生は角道の遮断とと金づくりを阻止する☖4四銀と指します。その後は升田先生が好形を築いた後積極的に攻め、大山先生が決めてを与えまいと辛抱を重ねる展開が続き、とうとう大山先生が折れ勝敗が決しました。

この対局で注目すべきは53手目に指された☗7二歩。しばらくの間ぼんやりとした存在になりますが、なんと、この歩が詰みに関わってくるのです。一見ぼんやりとしている存在の駒が詰みに関わってくる。将棋は何が起こるのかわからない部分がありますね。その部分が醍醐味の1つといえるのでしょう。

使用音楽については、素晴らしい和風のBGMを発見したのでそれを採用しました。