将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第064局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1957年02月18日
棋戦名第6期王将戦七番勝負第6局
千日手指し直し局
対局者▲升田幸三 王将
△大山康晴 名人
戦型矢倉
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲「Ohka JAPAN」SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「升田、王将位を防衛」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 錯覚を誘発しそうな銀交換
  2. 96手目△3九角に隠された罠

47手目▲3五同銀は一目ただに見えますが、△同銀と取ると▲6四角で飛車か香車を入手できて先手が指しやすそうです。48手目以降の△7五飛~△7四飛は取られそうな6四の銀に紐をつけて次に△3五角と銀を取るぞという手です。なので49手目▲2四歩以下の銀交換は必然といえるでしょう。

49手目▲2四歩に対し△3五角なら▲2三歩成と2筋を突破して先手が指しやすいでしょう。玉と金の位置が△2二玉、△3二金ならこの時点で▲2四歩は△3五角と取る手が生じるためおそらく成立しないでしょう。大山先生は当時現在でいう「Bonanza囲い」を好んで指した傾向が強いのですが、それが仇になったような気がします。

以降は升田先生が時には大きな精神的ダメージを与えるような手(75手目▲5一金等)を指しながら優位に進めていきます。

終局直前の96手目△3九角は大山先生の最後の希望を賭けた手といってもいいでしょう。これを▲同玉と取ると△3九飛以下香車を外して粘る手順が発生します。本譜では97手目▲同玉と応じて事なきを得ました。両者のの気迫と持ち味を活かした素晴らしい将棋だと思います。

使用音楽については、和風の壮大なBGMを選択しました。