将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第044局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1954年10月12日
棋戦名第2回王座戦決勝三番勝負第1局
場所大阪府大阪市「鉢の木」
対局者▲升田幸三 八段
△大山康晴 名人
戦型矢倉
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

「大山VS升田 全局集」では128手中12手のピンポイント解説が載っています。

受けのイメージが強い大山先生が機敏な仕掛けで勝利をもぎ取った将棋です。

53手目▲5五歩について升田先生は「長考中に気が変わったがつまらないことをやった。▲4四同歩が本手。」と振り返っています。解説担当の畠山七段によれば『以下△4五歩▲3七銀△4四銀と進んだら▲2八飛ぐらいで2歩持っているので悪くなさそう。』とのこと。

使用音楽については、終盤は大山先生の攻めが炸裂したので「新たなる挑戦状 ループ版」を採用。後は適当に決めました。