RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

はじめに

将棋画像

記事の概要

この記事では、このブログの概要について説明します。

ご挨拶

このブログでは、将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

私が投稿した棋譜鑑賞動画はこちらでも掲載し、先手、後手、戦型(簡易的な分類)の情報を付与します。

サイトマップもご用意していますのでぜひ活用してください。

それでは当ブログをよろしくお願いします。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第172局 羽生善治 棋王 VS 中村修 七段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第172局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第172局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年05月29日
棋戦名
第5期竜王戦2組ランキング戦準決勝
対局者
☗羽生善治 棋王☖中村 修 七段
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
ことぶき
Defeat The Evil
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 2歩と桂を手にした後一気に攻め倒す羽生先生

序盤、3手目までは横歩取り模様の展開になりますが、4手目中村先生が☖4四歩とし、中村先生が矢倉を目指したため矢倉っぽい将棋になります。途中、2筋の歩と角が交換されますが、互いに角をすぐに自陣に打ち合ったので、羽生先生が歩を1枚手にして、中村先生が銀冠に組むと結果に終わりました。

中盤、羽生先生が2筋・4筋の歩と桂を交換した後、中村先生が☖6五歩と攻めの姿勢を見せます。☗同歩と取れば☖同桂で角銀の両取りとなり論外なので当然他の手を指しますが、なんと、ここから羽生先生が一気に猛攻を仕掛けたのです。以降はほぼずっと羽生先生のターンという展開が続きます。

終盤、羽生先生の攻めは苛烈を極め、最終盤で多少勢いが緩み中村先生に反撃のチャンスが訪れるものの、差は歴然でひっくり返すことは叶わずそのまま羽生先生が勝利を収めました。

羽生先生の2歩と桂を手にしてからの苛烈な攻めは見ていて実に爽快でした。こういう鋭い攻め手順はいつかは指してみたいと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第151局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第151局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第151局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1965年07月23日
棋戦名
第6期棋聖戦五番勝負第5局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 棋聖
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
臨界
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「中盤の逸機」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の攻撃を見切って強気の寄せで勝ち切る大山先生

序盤、大山先生が中飛車に構えたので、升田先生は☗4六金戦法で対抗します。

中盤、1筋~5筋が戦場になり、激しい手筋の応酬になります。しかし、升田先生は若干弱気な指し回しを見せ、形勢は徐々に大山先生が有利になっていきます。

終盤、升田先生は大山先生の玉に迫ろうとするものの、大山先生は見切って強気の寄せを敢行しそのまま勝利を収めました。

前回の大逆転負けが響いたのかどうやら升田先生は本調子ではなかったようです。本調子でなかったのなら仕方がなかったのではないかと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第171局 西川慶二 六段 VS 羽生善治 棋王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第171局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第171局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年04月10日
棋戦名
第5期竜王戦2組ランキング戦3回戦
対局者
☗西川慶二 六段☖羽生善治 棋王
戦型
三間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
維新
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 急転直下の仕掛けで主導権を握る羽生先生

序盤、何を思ったのか羽生先生が三間飛車に振りました。その後、羽生先生は穴熊に組み、西川先生は位取り銀冠で対抗します。

中盤、羽生先生が2筋・3筋の歩を交換した後、6筋に味付けをして馬を作り飛車交換をしました。その後、西川先生も馬竜を作ることに成功するもの、羽生先生が戦いの主導権を握る展開になります。

終盤、馬の強さで西川先生は凌ごうとしますが、羽生先生はそれを許さず、そのまま羽生先生が勝利を収めました。

囲いにあと1手使いそうな局面でそれをせずに意表を突いてそのまま主導権を握って勝つ。こういう勝ち方を一度はしてみたいと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus