RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

はじめに

将棋画像

記事の概要

この記事では、このブログの概要について説明します。

ご挨拶

このブログでは、将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

私が投稿した棋譜鑑賞動画はこちらでも掲載し、先手、後手、戦型(簡易的な分類)の情報を付与します。

サイトマップもご用意していますのでぜひ活用してください。

それでは当ブログをよろしくお願いします。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年12月17日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第5局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
剣交わる時BRIGHTNESS++ / YUKO
RaOSHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、受けの本領発揮」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 粘りに粘って逆転勝利を果たす大山先生

序盤、相矢倉模様の展開を見せますが、升田先生が3筋の歩を切って☗3七桂と桂馬を跳ねたのに対し、大山先生は☖3五歩から3筋の位を確保したため変則的な展開になりました。

中盤、升田先生が豪腕の攻めを見せ、徐々に大山先生の玉を追い詰めていきます。大山先生の玉はピンチになりました。

終盤、升田先生は大山先生の玉を追い詰めにかかりますが、大山先生はギリギリ凌ぐことに成功し、そこから反撃を開始して勝利を収めました。

劣勢になっても諦めずに粘って勝つ。大山先生の全盛期の始まりを見た1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第118局 羽生善治 四段 VS 室岡克彦 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第118局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第118局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1986年02月15日
棋戦名
第36回NHK杯将棋トーナメント予選2回戦
対局者
☗羽生善治 四段☖室岡克彦 五段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Freezing Edge龍的交響楽 / 藤村ほわん
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯の初優勝までの過程を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の落ち着いた指し回し

序盤はやや落ち着いた展開で、戦型は☗急戦棒銀VS☖四間飛車になりました。

中盤、羽生先生は37手目に☗3五歩と仕掛け、以降右辺を中心に攻防の応酬が繰り広げられます。その後、羽生先生は馬を作って7七に引きます。

その後、室岡先生も歩を絡めてから馬を作り桂香を拾います。羽生先生は☗3四歩と打ち、☖1九馬と香車を取られた瞬間に☗4九飛と馬に当てて先手を取り、☗3三歩成から室岡先生の守備陣の左翼を制圧していきます。

終盤、室岡先生も羽生先生の玉に迫ろうとしますが、羽生先生は落ち着いた指し回しで室岡先生の攻めを受け止め、室岡先生の攻めが止まったら反撃を開始し、そのまま室岡先生の玉を仕留めました。

羽生先生の落ち着いた指し回しが目を引く1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第096局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第096局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第096局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年12月08日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第4局
対局者
☗大山康晴 王将☖升田幸三 九段
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
RoyalSamurai Classics Best / Bitter Sweet Entertainment
RaOSHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「崩れぬ粘りで逆転に成功」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 粘りに粘って逆転勝利を果たす大山先生

戦型は矢倉模様の展開を見せますが、升田先生が10手目☖5三銀から陽動振り飛車の構えを見せます。結局戦型は☗急戦VS☖中飛車になりました。

中盤、大山先生に誤算があったのか、升田先生が好調な指し回しを見せ、升田先生が優勢になります。しかし、大山先生は怒涛の粘りを見せます。

終盤、大山先生の怒涛の粘りによって升田先生の攻撃は停止し、反撃のチャンスを得た大山先生は怒涛の反撃を見せ、そのまま勝利を収めました。

劣勢になっても諦めずに粘って勝つ。大山先生の全盛期の始まりを見た1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus